ブログ

安平の紹介(2)〜安平樹屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、はむ家安平店管理人のぱらです!

 

安平古堡を紹介した前回に引き続き、今回は「安平樹屋」を紹介します!こちらも、安平に遊びに来たなら外せない観光スポットです♪

安平樹屋の外観

 

「安平樹屋」はもともと、隣接する「徳記洋行」の倉庫でした。「徳記洋行」は、元イギリス貿易会社の建物です(こちらは現在、資料館になっています)。

徳記洋行

 

これらの建物、日本統治時代は大日本塩業株式会社が、戦後は台湾の塩会社が使用していました。その後会社が移転すると放置され、倉庫はガジュマルの樹に侵食されてしまいます。そして壁は幹に、屋根は葉に覆われて倉庫を飲み込んでしまいました…!

建物全体がガジュマルの樹に侵食

屋根

根っこが((((;゚Д゚)))))))

鬱蒼とした雰囲気がちょっと不気味ではありますが、自然の力を感じて圧倒されます!ガジュマルの勢い恐るべし(;゚Д゚)

そしてここは、天空の城ラピュタのような雰囲気があるとかないとか…^^;

向こう側に人が立って写真撮影中☆絶好の写真ポイントです!

「安平樹屋」を見るためには、まず書道家・朱玖瑩の故居側にある売り場でチケットを買って入場、故居→徳記洋行→安平樹屋のルートで進みます。

朱玖瑩故居。チケット売り場は、入り口向かって右側です!

開放時間は、毎日8時半〜17時半。

参観料は大人50元、子供・学生・65歳以上25元です。

はむ家安平店からは徒歩3分!

ぜひ、はむ家安平店にも遊びに来てくださいね!!ドライフルーツも絶賛販売中です☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加