ブログ

安平の紹介(3)〜安平開台天后宮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、はむ家安平店管理人のぱらです!

 

今回は、台湾本島で最初の媽祖廟と言われる、「安平開台天后宮」をご紹介します!

祀られている聖母像は、1661年、鄭成功が水軍を率いて台湾を奪回した際、守り神として湄洲からお迎えしたものです。オランダ人を追い払った後、軍民が協力して廟を建て、これを祀りました。

(安平開台天后宮リーフレットより)

「媽祖」は航海・漁業の神とされ、台湾で最も信仰を集めている神様です。今年生誕1058年。実在した人物・林黙娘が神格化したもので、天上聖母とも呼ばれます。

 

この天后宮、とても大きくて色彩豊か!また彫刻がすごく精巧で迫力があります。牌楼と呼ばれる鳥居(のようなもの)も立派です。

牌楼(天后宮側から撮ったもの)

安平古堡にも近いので、ぜひ立ち寄ってお参りしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加